17ログ

~フツーの働く母の育児ブログ~

ブログ主:17(イナ)
ひとつ年下の夫と2013年生まれの息子の三人家族
再婚→不妊治療→子宮筋腫開腹手術を経て
体外受精→高齢出産→時短勤務中です
画像と文章の無断転載はご遠慮ください

水いぼ……!(いぼ写真ナシ)

2

水いぼになりましたorz
いぼの写真は載せないので、安心してお読みください。


気づいたのはいつだったか、背中にニキビの肌色バージョンがずっとあるな~って感じでした。
痛がりも痒がりもしないし、なんだコレ? まーいっか!とそのまま放置。
だいぶ経ってから、脇腹にも同じようなのが2つ出来ていて「ん?」と気になり始めました。
シャワー当てながら爪で弾いて子に「痛いから止めて!」と言われ、んーなんだろうな~なんか白い芯みたいなのあるしな~と思ってふと小耳に挟んだことのある「水いぼ」をGoogle先生に訊いてみて、ヒット。

そのままでも治るとかって記述もあったけど、7月には保育園でプールも始まるし、園によっては水いぼだとプール不可なところもあるという情報もあり、ビビって皮膚科へGO!してきました。
※この頃には色々調べて、どういう治療になるのかは把握済み。

さて皮膚科、看護師さんに状況を説明してみてもらうと、「あー水いぼだね-」とさらりと告知。
治療は麻酔シールを貼って一時間後にピンセットで取りますという一般的なパターンで、当日は麻酔間に合わなくて断念。
別の日に予約取って麻酔シール貼って行ってきました。

子は、最初の診察の時にさかんに「ちっくん(注射)しない?」と看護師さんに訊いてました。
(そろそろ日本脳炎の二日目を打ちに行くタイミングを見計らってるので)
基本的に、わたしは子には大人に対するのと同じように話そうと思っているので、次回の処置の話をさらりと説明しました。
ぷっちんが出来てるとプールに入れないから、お医者さんに取ってもらうからね、と。
「いたい?」
「ちょっとチクッとするかも。でもお母さんが一緒だから大丈夫だよ!」
と励ましながら麻酔シールを貼り、いざ皮膚科へ。

まずは、シールを剥がしてくださいね、と言われたので剥がす。
それから先生が来て処置開始。
長椅子にわたしが腰掛けて子をホールドし、先生がソレ用のピンセットでプチッとつまんでいきます。
子はやっぱり、ちょっと痛いみたい。つまんでプチッのときに「いたい!」と何度か言ってました。
でも泣くほどではなく、抱っこして言葉をかけながら、6カ所1分程度でさらっと終わりました。
終わったらもう痛くないみたいで、泣きもせず「いたかった……」とつぶやく程度。
2分後には椅子の上でジャンプして「たーのしーい!」と笑顔でしたヨ。。。

再発したときのために、と麻酔シールを一枚もらって終了でした。
軟膏とかも出なかった。いいのかこれ(笑)
まあ、抗体が出来るまでは再発するらしいけど、結構手軽に取れて良かった!

s-233620.jpg



スポンサーサイト

2 Comments

yukiさん
抗体が出来るともう出来ない物なんですか??
うちの子、わりと乾燥肌で湿疹できやすいから気を付けて見るようにしてみよう。
これから水遊びとかいろいろはじまりますもんね~。
2017/05/15 23:43 | URL | #WGj0Orxo [edit]
17さん
>yukiさん
抗体が出来ると消えるそうですヨ。
放っておいても半年とか一年とかで消えゆくらしいです。
中にウィルス入ってて、潰したのが肌に付くとうつるのでご注意。
今日はもうカサブタも取れてきてるので、一週間くらいできれいに元通りになるっぽいです♪
2017/05/17 20:01 | URL | #iU4puUNs [edit]

Comment



管理者にだけ表示を許可する

該当の記事は見つかりませんでした。