17ログ

~フツーの働く母の育児ブログ~

ブログ主:17(イナ)
ひとつ年下の夫と2013年生まれの息子の三人家族
再婚→不妊治療→子宮筋腫開腹手術を経て
体外受精→高齢出産→時短勤務中です
画像と文章の無断転載はご遠慮ください

生後251日・ファミサポ登録

2

昨日は中耳炎でお休みしましたが、本日はなんとか熱は下がりました! よかった~~


さて本題。
地域のファミリーサポートを利用するため、3月に説明会に参加し、生後半年から登録できるとのことで4月に登録申請を出しておきました。

ちなみにファミサポはこんな流れです。

1) 登録申請する
 預けたい子どもの情報、してほしいことの詳細(家事のお手伝いとか子どもを預かってとか保育園へのお迎え等)、保育園の情報などなど。
2)ファミサポ事務局さんが、受け入れ可能なサポーターさんを探してくれる
 依頼事項を吟味して、要望に合いそうな人を探してくれる
3)条件に合いそうなサポーターさんが見つかったら、面談
4)面談後双方問題なければ、サポートを受けられる
 依頼はサポーターさんへ直接。

4月に申請所を出して(1の作業)、先週やっと2の電話が来ました。
4月から受け付けた申請書を順番に処理していって、やっとわたしの番になったっていう感じ。
電話で(メールがうまく届かなかったらしい…)申請した内容を細かく確認され、どの地域のサポーターさんを希望か聞かれる。
わたしは月に一度、帰りが遅くなる会議のときに保育園からのピックアップ→19時ごろまで預かってほしいと申請。
その他、出張や残業があったときに同じく19時くらいまで預かってほしい。
夫くんは定時が遅いので、仕事終わりでまっすぐ迎えに行っても保育園の規定の18時には間に合わない。
(1歳クラスになると18時以降も延長保育できるんだけどな~~)
19時なら十分間に合うのでお迎えに行ってもらえる。
地域は、できれば最寄駅から徒歩10分以内くらいで。

引き受けてくれそうなサポーターさんが見つかったようで、今度は面談へステップアップ。
どんな方なんだろう。ファミサポ経験者の先輩が仰るには、子どもとサポーターさんの相性ももちろんだけど親との相性も大事だよと。無理に決めない方がいいですよーともアドバイスをもらった。
確かに…! イヤな感情があるとよくないもんねえ~。
そのサポーターさんは現在もほかのお子さんも預かったりしているらしい。良い方でありますように。


オマケの話。
けんぽと年金の申請を出しておいた。
うちの会社は任意なので単に制度の紹介だけをしてくれてました。
他の会社では自動的に総務さんが処理してくれてるところもあるらしい。親切だわ~
しかしなんでこーいう申請の類って言葉が難しいんだろうか。

・養育期間標準報酬月額特例
出産前より出産後の収入が低くなっても、出産前の収入額で将来の年金支給額を決めてくれる。
つまり、時短や子どもを育てるための残業減で収入が下がる→年金額を決める収入が下がる→もらえる年金が下がる、とならないような特例措置だそう。
「養育期間」は満3歳まで。つまり3歳までは収入が減ってても出産前の収入額で年金を計算してくれるってことなのね。
育休終了後の日付での戸籍抄本か謄本、それと住民票が必要。

・育児休業終了時月額変更
育休復帰後3か月間の平均収入で、収入による保険料を改定してくれる。
ちょろっと調べてみたら、毎年4~6月の収入で保険料を決めて、9月からそれが適用されてるらしい。
なのでおそらく産前の収入で計算された保険料が9月から引かれるところを、復帰後3か月の平均額で計算しますヨ!ってことなのかな。
どのくらい差額が出るのかわからんけども。


スポンサーサイト

2 Comments

ふもにゃんさん
いつもいつも勉強になります。
いろんな助けをいただかないと、仕事ってできないですよね><
頼れる親が近くにいればいいけど、うちはいないし。仮に近くに住んでいても頼れないし。

中耳炎、大変でしたね。
やはりいろんな病気しますよねー( ;∀;)
2014/06/05 15:54 | URL | #- [edit]
17さん
>ふもにゃんさん
いざ病気のときのこととか長くかかる仕事のこと(出張含む)を考えると、手助けは必須ですね……
うちは実家は1時間半の距離だし実母とは合わないけど、どーにもなくなったら頼るしかないんだろうなと思いました。

保育園の同じクラスでは水ぼうそうが出たようです><
これから病気三昧でしょうね……
そして明日は再度病院で耳を診てもらいに。雨なのにー!
2014/06/05 22:49 | URL | #iU4puUNs [edit]

Comment



管理者にだけ表示を許可する

該当の記事は見つかりませんでした。