17ログ

~フツーの働く母の育児ブログ~

ブログ主:17(イナ)
ひとつ年下の夫と2013年生まれの息子の三人家族
再婚→不妊治療→子宮筋腫開腹手術を経て
体外受精→高齢出産→時短勤務中です
画像と文章の無断転載はご遠慮ください

子宮鏡

0   0

ちょっと痛い記事かもしれないので、読むのは自己責任でどうぞ。




子宮鏡の検査に行ってきた。
下は全部脱いで、上は着てるものの上に検査着を羽織る。
ナプキンを付けたショーツを持って、いざ。

……とはいえ、相変わらず土日は混んでるので、検査着でちょっと待たされた
まあ、廊下で待つんじゃないからいいかな……
予約時間からほぼ二時間後、検査開始。
いつもの内診台ではなく、手術台。内診台よりちょっと高い位置に足置き場所があって、固定される。
お腹からタオルをかけてくれたのでちょっと安心
でもカーテンはない。ってか、内診台より高いから、寝てると先生の顔は見えないのだ。

でもって開始。まず入り口に固定器具を付けたっぽい。
(これはよくわかんないけど、他ブログさんを読んでるとそれっぽい)
で、すぐに局所麻酔。歯医者や外科で打ってるから初めてじゃない。
打ってすぐ、ダメなひとは頭がぐわんぐわんしたりするらしいけど、そうでもない。
それより中が痛い。重い生理痛みたいなのがぐおーんとくる。時々ざりっと痛い
「いたたたた!」とつい声を上げると、看護師さんが手を握ってくれる。もう片手はベッドの枠を掴んでる

どうも私は子宮口が狭いらしい。前回、エンドトキシンの検査でも先生に言われた。
結構前、膀胱炎で泌尿器科に行った時も尿道が狭窄気味で痛かった。
身体の中の管が狭いタイプなのかしら。太ってるから?

顔を横にすると、モニタがみえる。ピンクの内臓。もこもこしてる。
……やっぱりポリープが多くてボコボコだそうだ。画面にもこもこは見えるけど、どういうのが平坦な状態なのかがわからないから、先生に「あーこれ、ポリープあるねー」と言われても「そうですか…」な感じ。

動かすとやっぱり痛い。重苦しい痛みにえぐられる痛み。ツキンじゃなくてズオンって感じ
痛いのはまだ我慢できる。痛いだけなら。
でも、こんなことしてまで子ども欲しいのか?ってところであたしはまだ覚悟が足りてない。
ぽろぽろ涙がこぼれる なんであたしが、っていう被害妄想的な。
世のデキ婚さんたち。二人目三人目のお母さん。それに精液検査だけの夫くん。
みんないいね、こんなことしなくて! って考えちゃって、ダメでした。あうう

結局、子宮鏡では確認のみ。次回、掻把手術をすることになりました。

手術台の足置き場から足だけまっすぐ降ろしてもらって、そこでショーツを履いてね、と。
看護師さんがタオルで他に見えないようにカバーしてくれる。
手元に置いておいてよかったー(一応、小さいバッグにケータイとタオルとを入れて枕元に置いてた)

その後着替えてまたちょっと泣いた
もうやだ、もうやりたくない、子どもいなくていい、って。
待合室に戻るために、赤くなった目を少し休ませる。
今日は週末だから、ご夫婦で来てる患者さんも多かった。
夫くんは、わたしが何も言わなかったから、今日は来ていない

泣いてた時間もあったからか、すぐに呼ばれて術前検査。
心電図(正常)とまたも採血。
前回気分が悪くなったので、今日は横になって採ってもらう。
どっちかっていうと、採った後の血をみたくないのねん。

それから、次の手術の説明。
全身麻酔になるらしい。前日夕方に子宮口を広げるモノを入れて、21時以降食事禁止。
手術は15分くらいで終わるらしいけど、その後二時間は安静とのこと。
さて、いつやるか……
土曜手術がベストだけど、前日に仕事終わりで駆けつけるにはちょっと遠いのだ。定時ギリギリダッシュ。
しかも来週土曜はもう一杯なんだって。。。えー、どうしよう。

とりあえず、帰宅して夫くんと相談しますと言っておく。


今回の検査は30%負担で4,670円。
13時予約で検査開始が15時前、全部終わってクリニックを出たのが16時半でした。


朝ごはん9時でお昼を食べてなかったのでお腹が空いてる。
もし夫くんがのんびりしてたらテキトーに何か食べよう!と思って電話するも出ない。
さっきメールはすぐレスが来てたのに! んもう!ムカつくわ!

折り返してくれた電話にちょっと八つ当たり……
お腹すいた!というと、今ご飯作ってる、とのこと。
なに?!と不機嫌に聞くとすき焼きとのこと。

すき焼き!

かえる、とだけ答えて、途中でケーキを買って帰宅。
食後にちょっと言い合いをしてしまった……のは次の記事で。



23時追記。
出血するかも、と言われてたけど、やっぱり出血しましたorz
これってどれくらいで止まるんだろ、とほほ。



スポンサーサイト

Comment



管理者にだけ表示を許可する

該当の記事は見つかりませんでした。