17ログ

~フツーの働く母の育児ブログ~

ブログ主:17(イナ)
ひとつ年下の夫と2013年生まれの息子の三人家族
再婚→不妊治療→子宮筋腫開腹手術を経て
体外受精→高齢出産→時短勤務中です
画像と文章の無断転載はご遠慮ください

仕事との両立

4

治療する人には大きな課題ですね、仕事と治療の両立。

体外受精まで進むと、どうしてもこの日!という外せない日がやってくる。
しかも、午前中指定。夜とか仕事終わりで駆けつけるとかは難色を示される。

採卵の時は標準的な通院でD3、D10、D12、D14(採卵)。
KLCなら、朝一で来ればD3、D10、D12は午前休で済みますが、D14は全休。つまり月に2.5日の有休。
これをスムーズにとれる職場は少ないと思います。
しかも毎月繰り返せば、上長はもちろん、同僚や同じチーム、同じ部署、仕事で関わりのある人に「あの人、休み多いよね」と思われるのは当然のこと。
自分でも歯痒いです。
自分の仕事の大事な打合せの日。客先に説明しに行ってお願いする予定の日。大量のデータ処理があって終日フルにパソコンとにらめっこの日。この日までにデータがないといけない日。
治療と同じで仕事にも「この日!」があるわけです。

ちなみに今日時点でも、わたしは再来週に現地に作業をお願いするためにお邪魔して説明をする時間をもらっています。
でも実際、その日に診察が入らないとは言えない。でも、簡単に変えてくれともいえない。
今は被らないことを祈るだけです。
どうしてもの場合は、現地のユーザーさんに頭を下げなければいけないのでしょう。
もしかしたら、上長にも頭を下げてもらわないといけないかもしれません。

それなら、辞めて治療に専念するという選択肢もありますが、わたしはそれを選ばないと思います。
仕事はわたし個人を救ってくれた。20代の頃、3年の短い結婚生活を終わりにしました。
そのときこそ、仕事を続けていてよかったと思いました。
結婚だけじゃない、家庭だけじゃない。
自分で稼いで自分の最低限の面倒は見られるということが、当時のわたしには救いでした。
わたしは実家とあまりそりが合わなかったから、本当なら離婚して実家に戻ることが楽なのかもしれません。救いなのかもしれません。
けれど、わたしは離婚してからのひとり暮らしの時間があったからこそ今があると思っているし、仕事を続けているからこそ、夫くんとも出会え、結婚して、子どもを望むようになれたと思う。


上司には、手術を受けるときにきちんと話をしました。
治療のこと、身体のリズムによってお休みをいただくこと、うまくいけばそのあとは育休をいただきたいこと。
評価が厳しくなるかもしれないし、当たりがきつくなるかもしれない。
でも、休む分、それ以外のときはキッチリ仕事をこなしたい。
幸い、担当している業務はかなりわたしの采配に任せてもらえているのでとても助かります。
勿論しっかり情報共有をして、岐路ではきちんと相談して、合致した方向性へ向かっていくように。
(若いころはよく暴走してましたが……)
今までの実績があるからこそ任せてもらえるし、治療で休むことも理解してもらえていると思っています。


上司には恵まれているでしょうね。
着床判定が出たときも、今後うまくいけば育休だし、ダメな場合は処置が必要になるのでまたお休みさせていただきます、と話しました。
上司のコメントは「おめでたいけど、残念な、微妙な感じ」でした(笑)
そういえば手術の時は「早く戻ってきて!」と言われたっけ。
頼りになる先輩は「遠慮しないで、自分の治療がんばって!」と、休んだ時のフォローをしてくれています。
周りに恵まれたし、そんな周りに応えたいと思って、仕事に向かっています。

わたしのようなケースは稀なのかもしれないです。
事実、同じ会社でも上司によってはたまの有休もイヤな顔されて許可してくれないという話も聞きます。
恵まれた環境で、それに感謝して、というスパイラルがモチベーションをあげてくれます。
だからこそ朝早くクリニックに行こうという気になるし(事実、クリニックの日は平日より早く家を出ます)、早く行ったおかげで早く終わればそのまま出社します。


諦めないでほしい、と伝えたいです。
治療も、仕事も。どこかで手放さなくてもいい道があるかもしれないから。
けれどそれが苦痛になるのなら、救いにならないのなら。
そのときはシンプルに考えるといいかもしれません。


わたしの好きなアーティストがライブで言った台詞を拝借。


「悩んでもいい、でも、苦しむな」



うん。いっぱい悩みましょう。






にほんブログ村 マタニティーブログ 不妊(30代後半赤ちゃん待ち)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 マタニティーブログ 体外受精へ
にほんブログ村

スポンサーサイト

4 Comments

mitoさん
こんにちは。
仕事と治療の両立は本当に難しいですよね...
17さんが上司や同僚に恵まれているのは、
17さんが作り上げてきた実績があるからだと思います。
私も「二兎追うものは二兎をも得る(笑)でも無理はしない」精神で人生を歩んでます^^
2013/02/04 16:43 | URL | #kqwBVHyw [edit]
シキさん
17さん、遅ればせながら陽性判定おめでとうございます!!
……って本当に今さらのお祝いコメントですみません~(>_<)
どうぞお体大切にされてくださいね☆

17さんの職場の方たち、素敵ですね♪
仕事と治療の両立、難しいですけど、
でも私もできれば両方諦めないでほしいなぁと思います。
ほしいものを両方手に入れるために可能な限り頑張る!
でも頑張りすぎて「もうダメだ~」となった時は、シンプルに考える。
ほんと、そのとおりだと思います(^^)
2013/02/04 17:51 | URL | #L1x6umnE [edit]
17さん
>mitoさん
本当、難しさに治療開始してから痛感しています……><
周囲の理解を得られるのは本当にありがたくて、今までやってきてよかったなーとも思えますね~
「二兎をも得る」っていいですね!(笑)
でも、欲しいって手を伸ばさないとこっち来ないですもんね。
わたしはとにかく、「やれることより、やりたいことをどうしたらできるか?」を考えるようにしてます。
2013/02/05 19:13 | URL | #iU4puUNs [edit]
17さん
>シキさん
きゃ~~お久しぶりです! コメントありがとうございます~♪
頑張り過ぎない程度に諦めない、くらいで(笑) ←いいかげーん
だって欲しいんだもん、レベルの単純な欲求って大事じゃないかなって思います。
でも本当に、もうダメ!ならパッと手を放す。それでいいって思いますよね。
2013/02/05 19:17 | URL | #iU4puUNs [edit]

Comment



管理者にだけ表示を許可する

該当の記事は見つかりませんでした。