17ログ

~フツーの働く母の育児ブログ~

ブログ主:17(イナ)
ひとつ年下の夫と2013年生まれの息子の三人家族
再婚→不妊治療→子宮筋腫開腹手術を経て
体外受精→高齢出産→時短勤務中です
画像と文章の無断転載はご遠慮ください

手術後1日目

0

手術翌日。

朝、N先生が見に来た。
この先生は若くてかわいらしい。点は二物を与えてるんだなーと思う(笑)

傷を見ると、「あー綺麗ですねー」と言ってにっこり笑うと去っていく。
20分後、メインのMM先生が来る。やはり傷を見て「きれいですね」と。
今回のチームでは唯一の男性医師。あまり背は高くなく、若く、眼鏡でいつもうっすら笑っている。
うーん、本音が見えないタイプだわあ。

ここで、酸素マスクを外してOKのご指示が!
しかも、お水も飲んでいいよ、とのご指示が!
おおう先生ありがとう!

一応、手が届くところにストロー付けたお水ペットボトルを準備していたので、いそいそと飲んでみる。
おお、いい感じ!


一時間後、看護師さんが来て、心電図と足マッサージ器具、酸素濃度のチェックが外れる。
コレが外れると非常に上半身が動きやすい!

30分後、もう一人のM先生が来る。また傷診る。
こちらの先生は女医さんらしいきりっとしたイメージの方で、言うこともはっきりすっぱりしているので好きだ。

体温平熱、血圧は低め。
あとで歩いてみましょうね、と言われる。


そして最初の初歩行は10時半。
手術からほぼ24時間後です。
起き上がるのにかなり力がいるのと、痛いのとでちょっと苦しい。
ベッド上に起き上がるのは無理だったので、まず横向き→両足をベッド外へ出す→体を起こす、の順に。
ちょっと揺れたけど、点滴台にしがみついてよろよろと歩けた!
そのままトイレへ行くと、看護師さんが「ちょっと待ってねー」と。
尿管のカテーテルを外すのに、中で膨らませているバルーンの空気を抜く必要があるそうな。
紙パンツは前ボタンでクロッチ部分が開くようになってるので、トイレでそこだけ緩めてバルーンを抜いてもらう。
わたしは元々尿管が狭窄気味で、尿道に入れるときはすごく痛いんだけど、これを抜くときはそんなに痛くなかった。にゅるっと変な感触のみ(笑)

尿管が外れたので、これでつながってるのは点滴のみ。
トイレで座ると、尿は数滴だけ出た。痛くなかったのでほっとしたー。


しかし、ここでやはり無理があったらしく気分が悪くなる。
小学校の時に貧血で倒れたみたいな感覚。
トイレを流して、パンツをはいて、鍵を開けた上でナースコール。
あ、そういえばナースコール押したのはこれが初めてかも。

ちょっと間があって、『どうしましたー?』と聞かれる。
「気分が、悪いんです」とだけ何とか言える。
足音が近づいてきて、ドアの前で逡巡する雰囲気。

『開けて大丈夫?』ああ、この声は男性の看護師さんだなあ。
はい、って返事したと思う。ドアが開かれて、男性看護師さんと、あと2人駆けつけてくれた。
廊下のすぐそこに車椅子があったので、手早く広げてくれたそれに自力で座ると、そのままベッドへ連行。
自分で、顔が蒼いのがわかる。ベッドの足元を高くしてくれて横になるとだいぶ楽になってきた。

いやーそれにしても、看護師さんに惚れる男性の気持ちがちょっとわかった気がした(笑)
男性看護師さんにあんな風に駆け寄ってもらえて助けてもらえたら…!(相手は仕事ですよ)
きゅんきゅんしそうでした(笑)


横になってるとだいぶ良くなったので、少しずつ体を起こす練習。
お昼ごろには、ベッドに座っていられるようにまでなりました。
ここで、術後初の食事。いわゆる流動食ですね。
ヨーグルト、リンゴジュース、重湯、ポテトポタージュ。
0927-2.jpg

重湯は味がなくてあまり好きじゃない…半分くらい残しました。
ポタージュは意外としっかり味もついてるしどろっとしてるしで美味しかった。
ジュースとヨーグルトの冷たさも美味しくいただきました。


食後、看護師さん同伴で再度歩行!
今回は無事にトイレへ行けました~!
トイレで紙パンツを持参したショーツに履き替え。
大きめを持ってきてよかった。
しかしちょっと尿が薄赤いのが気になる。

その後、トイレの度に出血を確認。
血尿って意味じゃなくて、水に沈んでる感じの赤。
これは都度メモっておいて、看護師さんに伝えておきました。

※あとで先生に聞いたところ、手術の時に子宮にも器具を入れていたそうなのでその影響かも、と。
 手術日はD12くらいでした。


夕食は三分粥。
おかずは白身魚のあんかけ。魚の身はだいぶほぐされていて少量。あんかけの野菜も細かい。
かぼちゃの煮物はほぼペーストみたいになっていて、すごくおいしい。
お粥は相変わらず味がないので残しました…
0927-3.jpg


20時半、あと30分で消灯というときにいきなり夫くんが来てくれた。
仕事帰りに寄ってくれたようで、慌てて点滴を持って食堂へヨロヨロ歩く。
ほんの15分くらいだったけど、うれしかった。

摘出した筋腫の写メを見せてもらった。白地に赤い血がくっついててグロい……
夫くんは平気だったようで、「見ますか?」の問いに即答YESだったとのこと。
ちなみに実母も見たそうだ。
大きいの2コ、小さいの4コで252gとのこと。

あとで先生に聞いてみたら、筋腫って固いんですってね。
実母にそう報告したら、「触ってみたかった」と。図太いというかなんというか。

スポンサーサイト

Comment



管理者にだけ表示を許可する

該当の記事は見つかりませんでした。