17ログ

~フツーの働く母の育児ブログ~

ブログ主:17(イナ)
ひとつ年下の夫と2013年生まれの息子の三人家族
再婚→不妊治療→子宮筋腫開腹手術を経て
体外受精→高齢出産→時短勤務中です
画像と文章の無断転載はご遠慮ください

手術当日

0

当初、手術は14時からと聞いていたのですが、前日にいきなり
「最初なので~、8:45開始ですね」
と言われて超ビビりました。
速攻で夫くんに来られるかどうか打診。元々午後休取るとか言ってたので……なんだよもー!

とはいえ、最初の手術で結果的にはよかったです。
やはり多少押してくるので、あとの方になるとどんどん遅れてしまう~><

朝イチでも夫くんはOKで、しかも実母はちょっと間に合わなさそうというグッジョブ!
でも、手術前の元気な姿を見ずにいきなり術後だと取り乱すかなーと思ったので、簡単なメモを夫くんに託しておきました。


当然、朝から絶飲食。水分もダメです。
検温と血圧測定のあと、いよいよ初浣腸……
あまり感覚がなかったんですが、されると確かに急にトイレに行きたくなって!
速攻でトイレにこもり、しばらく我慢しました。

その後は、ベッド周りを片付け。
このベッドがお迎えに来るらしいので、Sフックとかでかけてたものを片付けておきました。

8時に夫くんが来てくれた頃にはすでに準備はほぼ完了。
もう一度検温と血圧。血圧が高いなー、しょうがないか。
術着に着替えて、キツいハイソックスを履く。
これ、履くの大変って聞いてたんだけどそうでもなかった。

8時半に最後のトイレに行った後、紙パンツに履き替え、紙を結んだら準備は完了。
術着(青)、ハイソックス、紙パンツ、帽子、ガウン(白)は全部準備してくれてました(もちろん請求されたけど)
0924-4.jpg




お迎えの看護師さんがいらして、いよいよ。
スタッフステーション前まで夫くんと一緒に行き、そこからスタッフオンリーのエレベーターへ。
「じゃあね」と夫くんと握手してわかれました。

わたしは普段コンタクトなので、ぎりぎりまで眼鏡をかけさせてもらいました。
スタッフ用のエレベータで3階の手術室へ。
入口で、名前と生年月日と手術内容を答えると、ここで眼鏡没収。
手術室は結構広くて、TVと同じでした(笑)
看護師さんも、「みなさん、TVと同じっておっしゃるんですよね~」とのこと。
結構狭いベッドの上には、お花みたいにライトが光ってる。
ベッドに乗った後は、まさしくまな板の上のコイ状態で、看護師さんたちがアレコレするのをぼんやり見てました。

酸素マスクがつけられそうになったので、
「あ、これ麻酔ですか? もう?」
「ううん、まだ酸素~」
うえええ、いつ麻酔入るんだろう~
まだ、ってことはいつかはここから入るんだよなあ。

しばらくすると、どんよりと眠気が襲う。
「なんだか眠くなってきましたー」
この台詞が、覚えている最後の言葉。





すごーーーく、苦しかった。
何か口に入ってる。筒みたいな?
超苦しい。早く外して、と言いたいのに声が出ない。
誰かがその管をするっと抜くけど、細い方だった。
ちがーう、太い方を抜いてほしいの! と思っていると、どうやら口元に固定してるみたいでテープをはがしてる。
はやくしてー、はやくしてー!
太い管が抜けると、呼吸が出来てほっとする。
「何時ですか?」って聞いた覚えがある。「12時ですよ」って返ってきたと思う。
次に気付いたのは、もう病室だった。
なんか色々されていて、そのうち看護師さんが「ご家族の方呼びますね~」というのでこっくりとうなずいた。
ああ、準備出来るまではデイコーナーあたりで待ってるのかな。
あれっでも、手術完了したら先生からお話されているはずだけど……どーなったんだろう。

そのうち、夫くんと母が来た。大丈夫そうね、と言われるのに頷いておく。
しばらくいたみたいだけど、早めに帰って行った。
夫くんがわたしを写メしてたのはわかった(笑)

あとでわかったことだけど、この時つながってたのは…
・左手首から点滴(これは手術室で取られたはず)
・左胸に心電図のが貼ってある
・右人差し指に酸素濃度はかるやつを挟まれてた
・酸素マスク(うっとおしかった)
・両足にマッサージ器具(15秒間隔くらいでプッシューとマッサージされる)
・尿管



そのあとは、うつらうつらしててあまり覚えていない。
でも、夕方あたりに痛み止めの座薬を入れてもらった記憶がある。

18時過ぎ、抗生剤の点滴開始。
次いで、先生が見に来る。

消灯前に、うがいをさせてもらった。
寝たままで吸い飲みでお水をもらって、横向きに器に吐き出した。

夜は1~2時間おきくらいに看護師さんが来てくれていたらしい。
眠ってても、血圧はかったりで目が覚めてしまう。
真夜中に痛みが再発して、もう一度座薬を入れてもらう。
ちょっと発熱したので氷枕をもらった。これがまた気持ち良くて!


早朝、検温と採血。体温は平熱に下がってた。
お湯で絞ったタオルで顔を拭いてくれる。おおう、すごく気持ちいい!



当然だけど、上記の細かい記憶ははっきり言って残ってないです(笑)
こまめに作業をメモしておいたので、そこから拾いました。
術後のメモはすんごい殴り書きで、時間と状況をメモしてあります。

手術終了後の最初のメモは「1224 もどる ハラいたいきもちわるい」でした(笑)
そのあとは「1311 かえる」(夫くんと母が帰ったらしい)
「1327 35.6℃ よこむき ふとんはぐ どこかで ざやく」
どうやら暑かったようで、布団をはいでたんですかね(笑)
夕方の座薬の時間は覚えていないようでした。
IMAG0146.jpg



スポンサーサイト

Comment



管理者にだけ表示を許可する

該当の記事は見つかりませんでした。